旧甲西町の時、公民館講座で”オカリナの製作と演奏”の募集がありました。
オカリナの音色に密かにあこがれていた私は早速参加しました。
粘土から作り上げた自分だけのオカリナ(G管)です。上の写真では赤い吹口のものです。
当時出来上がると嬉しくて、毎日夢中で吹いていました。
それから、ひと回り大きな(C管)を手にして、息が続かないことに苦労しました。音はまろやかで深みがあるのですが、手も小さい私はC管をもてあまし、(F管)ぐらいが手頃です。
はじめ夢中で手にしていたオカリナも、やれ高音部が上手く吹けない、やれ低音部の♯や♭の音が安定しない、音符の長さがマチマチでイマイチだ、などと屁理屈を並べて挫折の道をたどるのです。
現在は、年に一度の公民館祭りに仲間と連れ立って、晴れやかな舞台に立ちますが、人一倍上がり性のため、これまた満足な演奏ができたためしがありません。いい年をして上がるというのも恥ずかしいのですが。
まぁ、一人でひっそりと、しんみりと、ピー、ポーと吹くことにしましょう♪
         
 クリックしてね